スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
「群青」宮木あや子


今度長澤まさみちゃん主演で映画化されるという記事を読んで、
ミーハー精神で借りてきて読みました。
映画化・ドラマ化されたりする話題の本は
つい読みたくなっちゃうんですよね。

宮木あや子さんの作品は初めて読んだのですが、
とても素敵な切ないストーリーでした。
映画化のための作品のようなので、
普段の作風とはちょっと違うみたいですが、
この方の作品もっと読んでみたくなりましたわ。
沖縄の色彩豊かな描写が、作品を際立たせて、
すーっと溶け込むように読み進めてしまいました。
閉ざされた島の中で生きる少年少女の
複雑な想いが溢れてきて、切ない。
少女の大切なものを失った悲しみ、絶望…
その傍にいる不器用な男達。
それぞれの人間関係が複雑に絡み合って、
少女を立ち直らせていく、切なくも力強い、素敵な作品でした。

映像化したらまた綺麗な色調が見れそうですね。
映画館には行けないかもしれないけど、映画もぜひ見たいものです。
| くみこ。 | 読書 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: